出産一時金はいくらぐらい支給してもらえるのでしょう?

MENU

出産一時金で受け取れる金額は?

妊娠・出産の為に医療機関を受診しても、健康保険は適用されません。ですから、100%自腹での支払いとなります。どうして健康保険が適用されないのかというと、妊娠や出産は病気ではないからです。とはいえ、妊娠・出産には大きなお金がかかりますので、健康保険法などに基づいて、出産育児一時金といった給付がおこなわれることとなっています。何かとお金がかかる時期だけに、これはとても助かるものとなります。

 

出産育児一時金は、健康保険に加入もしくは被扶養者になっていなければ受け取れません。妊娠が発覚したらすぐにもらえるというわけではなく、4カ月以上の妊娠期間があることで受け取れます。健康保険の加入、そして4カ月以上の妊娠期間といった2つの条件をクリアして、はじめて給付対象となるのです。もしも死産もしくは流産してしまった場合でも、妊娠期間が4カ月以上…つまりは85日以上過ぎていれば支給されます。それ以下では支給対象外となります。

 

給付金額は、子ども1人当たり42万円です。ただし、産科医療補償制度の対象になっていない医療機関で出産した場合は、子ども1人あたり40.4万円と少なくなります。ちなみに、この金額は平成27年1月以降に出産した場合に適用されるもので、それ以前…つまりは平成26年12月31日以前の出産に関しては39万円となります。

 

また、双子の出産の場合には、2倍の84万円が受け取れます。双子の場合は、出産育児一時金の請求用紙にある証明欄に、出産を担当した医師に「多胎」である事を記入してもらいます。場合によっては子供の数だけ用紙が必要なこともあるので、まずは医療機関や住んでいる地域を管轄する役所に確認してみましょう。

 

さらに、勤務先の健康保険によっては、付加給付といったプラスアルファの金額がつくこともあります。これは国民健康保険にもあり、住んでいる自治体によってあるかないか、そしてどんな内容なのかが異なります。


出産一時金の対象者は?

出産育児一時金は、自分で健康保険や国民健康保険に加入している働くお母さんや、夫であるお父さんの健康保険の被扶養配偶者になっているお母さん、実家の両親の健康保険の被扶養者になっているお母さんが支給対象となります。

 

ちなみに、妊娠を機に仕事を辞めて専業主婦になったお母さんは、働いていた時に加入していた健康保険機関に、出産育児一時金を請求することが可能です。ただし、1年以上の加入実績があり、かつ退職してから半年以内に出産した場合です。

 

出産手当金を受け取るのであれば、一般的にはお母さんが所属する健康保険の機関において手続きをします。ただ、規定で夫であるお父さんの健康保険でもらわないといけない場合もありますので、事前にどこに申請したほうがいいのか確認しておくといいです。


出産・退院時のお会計は?

2009年10月に、出産育児一時金の請求と支払い方法が変わりました。これ以前まではお母さんが出産・退院後に用紙を提出し、後日支給されていました。つまり、病院では一時的に自分で全額支払っていたのです。ですが、これでは負担が大きすぎるとして、お母さんに変わって医療機関が手続きをおこなえる「直接支払制度」を導入したのです。ただ、小さな規模の医療機関では対応することが難しいこともあり、2011年4月に再び見直されました。

 

今現在は直接支払いが原則に。それが難しい小さい病院などでは、お母さんが所定の手続きをすることで、後日に病院に直接支払われる「受取代理制度」が利用できるものとなりました。直接支払制度と受取代理制度、どちらが利用できるかは出産する医療機関によって異なります。どちらの制度も使える場合は、お母さんの方でどちらを利用するかどうか決めるものとなります。

 

ちなみに、実際にかかった分娩・入院費用が42万円を超えた場合では、差額分を直接、病院に支払います。逆に安かった場合は、差額分を後日、指定した金融機関の口座に振り込んで受け取るものとなります。


出産一時金の申請窓口は?

出産育児一時金は、どこに申請手続きや問い合わせをすればいいのでしょうか?それは、会社員や公務員、退職後に健康保険の任意継続をしているお母さんの場合は、勤務している会社が加入している保険団体に申請します。夫であるお父さんが会社員もしくは公務員をされていて、お母さんは扶養に入っている場合は、お父さんの職場の総務部か担当部署、もしくは健保・共済組合の問い合わせ窓口に。

 

出産育児一時金は出産後に請求することもできますが、期限が決まっていますので、なるべく早めに提出・手続きをおこなうようにしましょう。妊娠から出産、そして育児と、お金がかかるようになってきます。出産育児一時金は大きな助けになるので、忘れずに受け取るようにしたいものです。

 

また、出産する病院によって入院時に金額が異なります。入院部屋のグレード、その他サービスなどでも料金が変わり、お会計時にびっくりするくらいに足が出ることも…。入院までにどれくらいかかるのか調べておき、ある程度のお金は用意しておくと安心です。


更新履歴